サロン開業のススメTOP > サロン開業・経営 > 個人サロンや小さなサロンのカード決裁の導入について

個人サロンや小さなサロンのカード決裁の導入について

サロンの開店準備 - 個人サロンや小さなサロンのカード決裁

サロンでの支払いは結構大きな金額が動くことがあります。

都度払いの支払い程度なら問題ありませんが、回数券や商品購入、その際にお客様に多額の現金を一括で持ってきていただくのはとても心苦しいです。

回数券を分割払いにする、というやり方もありますが、そうなると、途中で辞められたらそれまで安く行ってきた金額が損になってしまいます。

お客様を信用したいところですが、途中何があるかわかりません。

大きな金額はできれば、一括で前払いで頂きたいのが心情です。

そんな時カードが使えれば問題ない場合も多々あります。

また、これまで回数券などのサービスをおこなっていたなったとしても、カード決裁があるからこそ高額回数券も売れる可能性もてできます。

ですが、カード決裁ってかなりハードルが高くて、まだまだ導入されていない小さなサロンさんや個人サロンさんが多いのです。

小さなサロンがカード決裁が難しい理由

これまでなら、カード決裁はCATと呼ばれるカード読み取り用の専用端末を置き、月々利用料を支払う必用がありました。

当然ですが、利用金額の数%も利用料として引かれます。

また、支払いサイクルは月末締めの翌月末払いだったりとかなりハードルが高くなります。
(最近では月2回締めというところも少なくありませんが、それでも資金繰り的にはつらいですよね。)

また、カード会社は特に小さなサロンに審査が厳しいと言われていて、導入できるのは一部の大きなサロンだけでした。

小さなサロンでもカード決裁が導入できるかも!?

最近では、スマートフォンやiPodなどの携帯端末でも決裁できるスマートペイのようなカード決済サービスが利用できるようになりますた。

専用の端末はスマホに装着する小さいカード読取機を購入するだけです。

月々の利用料は必用なく、必用なのは利用分の決裁手数料のみとなっています。

多くの業者はスピード決裁が基本で、早ければ翌営業日振込をしてくれる決裁業者もあります。

オススメは、スクウェアという決裁業者で、端末を4980円で購入すれば大丈夫です。
しかも現在キャンペーン中で、端末を購入すれば全額キャッシュバックされるそうなので、実質タダで利用できます。>>スクウェアの詳細はこちら

スクウェアは、支払いサイクルがとても短く、三井住友銀行の口座だと最短翌日からの利用が可能で、その他の銀行でも1週間の締めで振り込まれます。

他にも携帯端末で決裁を行う業者はいくつかありますが、スクウェアがサイクルも短く、利用価値が高そうです。

利用者側の不安を消す方法

ワタシも利用者側として携帯端末での決裁を利用したことがあります。

その時気になったのが、これって個人のスマホで決裁しているんじゃないのかと思ったのです。

万が一ワタシのカード情報がこの人個人のスマホに登録されるようなことがあり、そのスマホを落とされでもしたら…と思ったらちょっと嫌な感じがしました。

カード情報は当然カード会社に行けばその後スマホに残ることはないのでしょうが、個人のスマホにカード情報が登録するのがとても抵抗がありました。

もしそれがiPadなどのタブレット端末があればあまり外に持ち歩きしませんので、そんな不安はなかったと思います。

ですので、できればお安いアップルでもアンドロイドでもよいので、タブレット端末をサロン用の決裁用端末として利用することをオススメします。

サインの入力も手で画面上でしてもらうので、大きい方がお客様もサインがしやすいと思います。

サロンの売上アップにカード決裁を検討してみてはいかがでしょうか?



ススメ記事TOP4
No. 1 No. 2 No. 3 No. 4
ホスピタリティ
アロマ・エステ・リフレ独立開業方法
ホスピタリティ
自宅でエステ開業 サロネーゼになる

リピーターを確保するために

サロンのお客様をLINE@で集客

PAGE TOP