サロン開業のススメTOP > サロン開業・経営 > サロン開業のスクール

サロン開業のスクール

アロマやエステ、リフレクソロジーのお店を持ちたいと思った場合、誰しも独学ではなく、スクールに通うことを考えますよね。

基本的にサロンを開業するには何の資格もいりませんので、何か独自のマッサージやエステの手法があり、施術に自信があればその技術で開業することもできます。

エステや整体、ネイルなど様々な協会・団体があり、そこの独自のの民間の資格はありますが、美容師のように国家資格ではないため、無くてもよいのです。

スポンサーリンク

しかし、やはり技術の証明に何らかの資格をお客様に明示できるのは安心にもつながりますし、いきなり見よう見まねで施術はできませんので、何らかのスクールには通うべきだと思います。

何を売りにするのか、ターゲットをまず考える

まずは自分がどういったことをやりたいか、どういったお客様に喜んで欲しいかを考えて、必要な技術を習得するようにしていくのが望ましいでしょう。

例えば、、、

  • 私はひどい肩こりと悩んでいてたが、アロマでよくなったので同じように悩んでいる人にも広めたい
  • 子育て中に出かけることもままならなかったので、子どもと一緒に通えて、子供も施術が受けられるサロンがやりたい
  • 頭痛持ちだったが、頭のマッサージを受けたら良くなったので、頭痛解消専門のサロンがやりた
  • 腰が悪く、歩くのも辛い祖母がリフレを受けたら、痛みがマシになりスタスタ歩いて帰ったので、高齢者向けのサロンが開きたい

漠然とアロマやリフレのサロンがやりたい、と思い描くのではなく、このように、自分の悩み、身近な人の悩みを解決できるようなサロンをやりたいと考えることにより、これからどういった技術を身につけることができるのかより明確にできるようになります。

どこのスクールに通う?

スクールには通学生と通信制があり、予算などに応じて選択することができます。
その内容も様々で、整体、リフレ、アロマなどたくさんのスクールがあります。

例えば整体のスクールであれば、3ヶ月〜1年の本格的なスクールで、30万円〜100万円程度必要です。週一回程度の通学で、時間も遅い時間も開講しているようなので、仕事をしながら資格を取得することもできます。

まずはいろいろなスクールの資料を取り寄せ、どこのどんなシステムが自分にあっているかよく検討してから申し込みをしましょう。

スクールでは、技術の習得から全般的なサロン経営のノウハウ、そして接客の技術なども習得することができるので、自分に必要な技術に応じたスクールを選択しましょう。

こちらから、整体師、アロマ、リンパセラピーなどの通学・通信の資料請求が一括で簡単に行えます。詳しくはこちらをクリック>>

独自の技術を教えている協会などは?

一般的なスクールと違い、ある特殊な技術だけを教えているスクールも存在します。

小顔矯正、筋膜セラピー、肩甲骨はがし、美容整体、骨気、腸もみ、、、などあまり聞き慣れない新しい技術が次々と考案されているようです。このような技術は、一般的なスクールでは教えてくれない場合が多く、多くは個人が考案された技術ですので、その考案者が開催しているスクールで学ぶということが一般的です。

多くはこれらの特定の技術だけを教えるというスクールが多く、普通のスクールで習得するような、サロン経営のノウハウや接客技術まで学べるところは多くはないようです。ある特定の技術だけを、1日〜数日と短い期間で習得するスクールで、すでにサロンを開業していて追加でメニューに加えたいという人などが通っているようです。

ですので、最初に考えた、あなたのやりたい事、何を売りにしたいのかをまず考えて、それを実現するためにこのような技術が必要であれば、一般的なスクールに加えて、このような技術を習得するのもよいでしょう。

どこかのサロンに修行に行ったほうがいいのでしょうか?

もちろん、多くの人を施術して、場数を踏んでおいたほうが絶対に技術の向上には必要です。

人を体を相手にする仕事ですので、多くの人の体を施術することにより、どこがコリやすいのか、どこを押さえるといいのか、どのくらいの力加減がいいのかなど、実際に人の体に触らないとわからないことは多いはずです。また、接客についても、いきなり独立してもお客様の扱いもままならないはずです。

ぜひ、スクールを卒業したのち、サロンで働き、多くの人を施術し、接客を学び、そしてそこで経営者の方の経営方法をよく見ておいてください。

お客様の対応方法、集客の方法、税務関係の処理方法、人の雇入れの方法・・・などあなたの知らない学ぶべきことは山のようにあるはずです。
お金をいただきながら、独立への一番大切なことが学べる最高の機会だとおもいますので、スクールより重要だと思います。
それと同時にできれば自分で、経営勉強もするべきです。税務のこと、接客のこと、経営のこと。あなたが働きながら、その経営者の背中をみて、自分で学んだこととてらしあわせるととても勉強になるはずですから。

 

次は、サロン開業スケジュール>>

 


ススメ記事TOP4
No. 1 No. 2 No. 3 No. 4
ホスピタリティ
アロマ・エステ・リフレ独立開業方法
ホスピタリティ
自宅でエステ開業 サロネーゼになる

リピーターを確保するために

サロンのお客様をLINE@で集客

PAGE TOP