サロン開業のススメTOP > サロン開業・経営 > 開業資金・費用の準備

開業資金・費用の準備

アロマ・エステ・リフレのサロンを開業する場合、自宅での開業には費用はそれほど必要ありませんが、物件を借りるとなればそれなりの費用は必要です。

自分ですべてを用意できればよいですが、できなければ親や兄妹に借りるか、銀行や政府系の金融機関から借りるしかありません。

親兄妹に借りる場合でも、きちんを借用書をつくり、返済計画をきちんと立て、その計画どおりに返済するようにしましょう。もしいただく場合も、そのような形にしておけば、贈与税などの心配もありません。

銀行や金融機関から借りる場合ですが、残念ながらいきなり何もなくお金は借りれないとおもっておいてください。
まずは綿密な経営計画をたてておかないと銀行も国金(日本政策金融公庫)もお金を貸してくれません。もちろん、有力な保証人や担保があれば借りれる金融機関もあるかもしれませんが、何もない、経験のない人お金をかすほど彼らは甘くありません。
彼らは、お金を全額回収して、そして金利を頂戴するのが仕事です。回収できる見込みの薄い人間にはお金は決して貸してくれません。

新規開業の事業者の皆さんが多く利用されるのが日本政策金融公庫(旧:国民生活金融公庫)です。国が運営する金融機関で、金利も安く新規の事業者に積極的に貸し出しをしているので多く利用されているのです。

日本政策金融公庫(旧:国民生活金融公庫)からサロン開業に資金を借りる場合、最低でも借りたい金額の3分の1から半分の金額を自分で用意しておく必要があります。500万円かりたい場合、200万〜250万程度の自己資金が必要です。

借りるためには、サロンで働いた経験や同じような業界での経験が全くないというのでは、おそらく難しいとおもいます。 理想的な借入方法は、何年かサロンで働き、その給与をコツコツためて、自己資金にしておけば、説得力があります。そして、綿密な経営計画も必要ですので、十分準備してから資金調達をするようにしましょう。

次は、サロン開店前に準備しておきたいこと>>


ススメ記事TOP4
No. 1 No. 2 No. 3 No. 4
ホスピタリティ
アロマ・エステ・リフレ独立開業方法
ホスピタリティ
自宅でエステ開業 サロネーゼになる

リピーターを確保するために

サロンのお客様をLINE@で集客

PAGE TOP