サロン開業のススメTOP > 人気サロンになるために > 自宅でエステ開業 サロネーゼになる

自宅でエステ開業 サロネーゼになる

最近は自宅でエステやその他の趣味の料理や手芸などを教えるサロンを開業することが流行しているようで、そのようなサロンを開く人のことを、サロネーゼと呼ぶそうです。
雑誌VERYが特集を組む話題になり、今ではサロネーゼを紹介するサイトや協会まであるそうです。

主婦の方が空いた時間に、自宅の一室を教室にしてサロンにする場合、少し注意点があるので事前に確認しておきましょう。

自宅でも開業届けなどは必要?

趣味の延長だからと言って、無申告でエステサロンを営業するのはやはりよくありません。1年の間に事業から生じた所得が38万円を超える場合は確定申告する必要がありますので、それを超えるようなエステサロンであれば確定申告は必要です。38万円を超えない場合でも、今後超える可能性もありますので、所得がゼロとして申告することもできます。

また、OLをしていて副業でサロンを副業として開業する場合は、年間20万円以上の所得があれば確定申告する必要があります。

開業時に開業届けを出すか、確定申告の際に申告すれば、白色申告の場合はそれで開業届けとなります。(青色申告の場合は事前の届出が必要)

例えば、1年に50万円の売上がありましたが、仕入れや経費が15万円だった場合は所得が35万円ですので申告は必要ありませんが、経費が10万だった場合、所得は40万円となるので申告が必要となります。

また、それは他に仕事がない場合に限った場合であり、もし他で仕事があり副業として自宅でエステサロンをオープンする場合は、所得が20万以上に申告する必要があります。

103万円の壁?

主婦の方が仕事を保つ場合、旦那さんの配偶者控除に入るためには年間103万円の所得を越えてはいけないということはみなさんご存知ですよね。
これはあくまでも、パートやアルバイトの際の金額であって、自宅でエステサロンを経営する場合にはあてはまりません。

但し、76万円以下であれば特別配偶者控除がうけられます。

社会保険の130万円壁?

社会保険は、夫の社会保険の扶養に入るには年間の所得が130万円以下でないければいけませんので注意しましょう。
所得税とは違い、最低でも20−30万円程度必要となるので大きな金額ですので注意したいところです。

そのためにも、日頃からきちんと経費を計上できるように、仕入れや交通費などの経費を控えておきましょう。

経費として家賃は計上できるのか?

賃貸で自宅を借りている場合は、その広さの按分によって経費として認められることがあります。もし調査があった倍にその根拠となる資料(間取り)などをもって説明すればよいでしょう。

そもそもどこで技術を学べば良いのか

経営なんて全く経験したことがなく、集客の方法も、サロンでの接客の方法も全く未経験。などという場合、やはり、どこかのスクールで一からサロン経営を学んだ方がよろしいと思います。

下記講座は、自宅サロンでの開業を学べるスクールとして、痩身エステの技術、経営の仕方、集客、接客までも実際のサロンでの講座で習得できるようです。

<サロンのFBフェイスブックでの集客 |Google + は絶対登録しておく>  


ススメ記事TOP4
No. 1 No. 2 No. 3 No. 4
ホスピタリティ
アロマ・エステ・リフレ独立開業方法
ホスピタリティ
自宅でエステ開業 サロネーゼになる

リピーターを確保するために

サロンのお客様をLINE@で集客

PAGE TOP